今川内科医院

三豊市の内科,消化器内科,内視鏡内科 今川内科医院

〒769-1503 香川県三豊市豊中町笠田竹田285-3
TEL 0875-62-2052

採用情報

facebook

facebook
はじめました!

急な休診や診療の変更は
facebookにてお知らせします。

 

病院まちねっと

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

 

当院で内視鏡検査を受けられた方へ

① 内視鏡検査における鎮静剤使用に関する観察研究へのご協力のお願い
(無床診療所における内視鏡鎮静導入と安全性の検討)

2015年12月01日以降当院(医療法人社団 今川内科医院)にて上部・下部消化管内視鏡
検査(胃カメラ・大腸カメラ)を受けられた方へ

研究機関名 医療法人社団 今川内科医院
研究責任者 医療法人社団 今川内科医院院長 今川 敦
 

1.研究の概要

1. 研究の意義

消化管内視鏡検査を受けることにより、悪性腫瘍や炎症、その他の疾患を早期に発 見することが可能となっています。しかしながら、上部消化管内視鏡検査や下部消 化管内視鏡検査はともに苦痛を伴う場合もあります。なるべく苦痛を取った検査 を行うために鎮静剤を使用した検査が、一般的に行われており、日本消化器内視鏡 学会からも2013年12月に『内視鏡診療における鎮静に関するガイドライン』が 発表されていますが、その適切な薬剤や投与量は決まっておりません。

2. 研究の目的

今川内科医院での内視鏡検査(上部・下部消化管内視鏡検査)を受けられた方を対象に、適切な鎮静方法の検討、偶発症の発生頻度、鎮静による効果や満足度などについて研究することで、より安全な鎮静方法を検討することを目的としています。

 

2.研究の方法

1. 研究対象者

2015年12月以降、医療法人社団今川内科医院(以下 今川内科医院)にて上部・下部消化管内視鏡検査を受けられた方を研究対象とします。

2. 研究期間

後ろ向き検討においては 2015年12月から、前向き検討においては、2016年秋開催予定の日本消化器内視鏡学会での倫理委員会承認後~2020年12月31日

3. 研究方法

上記研究機関中に今川内科医院にて上部・下部消化管内視鏡検査を受けたすべての、検査状況、鎮静状況、術中・術後の偶発症、事前に同意が得られましたらアンケート調査票(前向き検討の場合のみ)をお願いし、それらのデータを検討いたします。

4. 研究する試料

使用する試料はありません。

5. 研究する情報

  • 研究に使用する情報は、主には、上述のごとく鎮静剤の使用状況や偶発症の 発生頻度などです。それ以外の情報に関しては、内視鏡所見用紙をデータベー ス化して検討いたします。
  • 検討内容はホームページに記載しているJEDプロジェクトと同じ内容です。 詳しくは以下のweb情報もご確認ください。
    http://www.imagawanaika.jp/original8.html
  • 個人情報は削除し、個人情報は漏洩しないようプライバシーの保護には細心の注意を払います。

6. 試料・情報の保存

本研究に使用した情報は、研究終了後5年間保存させていただきます。

7. 情報の保護

調査情報は今川内科医院内にて、院内のなかでも独立した部署で厳重に取り 扱います。電子情報の場合はパスワード等にて制御されたコンピューターに 保存し、その他の情報は施錠可能な保管庫に保存いたします。

8. 研究計画書および個人情報の開示

ご希望がある場合は個人情報の保護に支障がない範囲内で、研究計画の資料 を閲覧することができますので、お申し出ください。また、この研究における 個人情報の開示については、ご本人様のみもしくはご本人の同意により、ご家 族などを交えてお知らせすることができます。内容についてわかりにくい点 がございましたら、遠慮なく担当者にお尋ねください。本研究は個人情報がわ からないようにして、学会や論文で発表いたしますので、ご了承ください。

 

3.データの扱い方について

1. 後ろ向き検討の場合(オプトアウト)

偶発症の発生頻度、鎮静効果及び、適切な薬剤と投与量の検討に関しては過去に検査を 受けた方も対象になります。この場合事前の同意書がないため、本研究への参加をご了 承いただけない場合には、研究対象とはいたしませんので、ご連絡を申し出てください。
詳細は別紙『これまでに今川内科医院にて上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、下部消化管 内視鏡検査(大腸カメラ)を受けた患者さんへ』にも記載されております。

2. 前向き検討の場合

臨床研究前(検査を受ける前)に同意をお願いするように説明いたします。同意書提出後で あっても、研究対象としてご了承いただけない場合には、研究対象とはいたしませんので、 検査後6か月以内に下記までご連絡を申し出てください。
いずれの場合も診療行為や検査において不利益が出ることはございません。
本研究に対してご質問がありましたら、下記の連絡先までお問い合わせしてください。

 

≪問い合わせ・連絡先≫
香川県三豊市豊中町笠田竹田285-3 医療法人社団 今川内科医院
院長 今川敦
電話:0875-62-2052(平日9時~18時)水曜・木曜日は午後休診で対応できません
ファックス:0875-62-2509

 

② これまでに今川内科医院にて上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、
下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を受けた患者さんへ
【過去の治療データの調査研究への使用のお願い】

当院、今川内科医院では「内視鏡検査における鎮静剤使用に関する観察研究(無床診療所における内視鏡鎮静導入と安全性の検討)」という臨床研究を行っております。この研究は、鎮静剤を使用した内視鏡検査における問題点と良い点を調べることを主な目的としています。そのため、過去に内視鏡検査を受けた患者さんのカルテ等の所見・データを使用させていただきます。

以下の内容を確認してください。
○この調査研究は日本消化器内視鏡学会における倫理委員会で審査され、承認を受けて行われます。

研究期間 2015 年 12 月 01 日 ~ 2020 年 12 月 31 日まで
対象調査期間 2015 年 12 月 01 日 ~ 2020 年 12 月 31 日まで
  • 今回の調査研究の対象はこれまでに内視鏡検査(上部・下部消化管内視鏡検査)を受けた患者さんの所見用紙、カルテです。
  • 過去のデータを使用する研究であり、新たな検査や費用が生じることはなく、また、データを使用させていただいた患者さんへの謝礼等もありません。
  • 使用するデータは、個人が特定されないよう匿名化を行い、個人情報に関しては厳重に管理します。
  • 調査研究の成果は、学会や科学専門誌などの発表に使用される場合がありますが、名前など個人を特定するような情報が公表されることはなく、個人情報は守られます。
  • 調査研究の結果、特許などの知的財産が生じる可能性もございますが、その権利は医療法人社団 今川内科医院に帰属し、あなたには帰属しません。
  • この調査研究は、特定の企業・団体等からの支援を受けて行われるものではなく、利益相反状態にはありません。
 

1.全体説明
当院、今川内科医院では「大腸腺腫に対する内視鏡治療法の検討cold-polypectomyと通常切除法との比較」という研究演題名の臨床研究を行っております。この研究は、大腸ポリープ(腺腫・過形成性ポリープなど)を切除する治療法の問題点と良い点を調べることを主な目的としています。そのため、過去に内視鏡検査を受けた患者さんの内視鏡像及びカルテ等の所見・データを使用させていただきます。

以下の内容を確認してください。

研究期間 2015 年 12 月 01 日 ~ 2020 年 12 月 31 日まで
対象調査期間 2015 年 12 月 01 日 ~ 2020 年 12 月 31 日まで
  • 今回の調査研究の対象はこれまでに内視鏡検査(下部消化管内視鏡検査)を受けた患者さんの所見用紙、カルテです。
  • 過去のデータを使用する研究であり、新たな検査や費用が生じることはなく、また、データを使用させていただいた患者さんへの謝礼等もありません。
  • 使用するデータは、個人が特定されないよう匿名化を行い、個人情報に関しては厳重に管理します。
  • 調査研究の成果は、学会や科学専門誌などの発表に使用される場合がありますが、名前など個人を特定するような情報が公表されることはなく、個人情報は守られます。
  • 調査研究の結果、特許などの知的財産が生じる可能性もございますが、その権利は今川内科医院に帰属し、あなたには帰属しません。
  • この調査研究は、特定の企業・団体等からの支援を受けて行われるものではなく、利益相反状態にはありません。

もし、今回のデータ使用について同意をいただけない場合には、いつでも構いませんので、お手数ですが下記の問い合わせ先まで連絡ください。また、同意の有無が今後の治療などに影響することはございません。

 

2.研究概要および利用目的について
この研究では、今川内科医院の患者さんにおいて、大腸ポリープに対する治療法を調査し、
その治療成績、偶発症(合併症)の有無を解析します。
なお本治療法は通常の大腸ポリープに対する治療法であり、保険診療の範囲での治療方法です。

3.研究機関および研究責任者について
<研究機関>:今川内科医院
<研究責任者>:院長 今川 敦

4.使用する情報(データ)
患者さんの診療録から以下のデータを収集させていただきます。
年齢・性別・抗血栓薬の有無・偶発症(合併症)
・内視鏡検査画像など

以下5.から8.に関しては1.全体説明に記載のとおりです。
5.研究終了後のデータの保存および廃棄について
なお、データを廃棄する際には、患者さん個人を特定できない状態にします。
6.個人情報の保護および研究成果の公表について
7.個人情報の開示について
8.研究へのデータ使用の取り止め(不参加)について

【問い合わせ先】
医療法人社団 今川内科医院
研究責任者:院長 今川 敦
TEL:0875-62-2052 FAX:0875-62-2509
 

 

③ これまでに胃底腺型胃癌と診断・治療を受けた患者さんへ
【過去の治療データの調査研究への使用のお願い】

当院では「香川県内における胃底腺型胃癌症例の臨床病理学的検討」という臨床研究を行っております。この研究は、胃底腺型胃癌という特殊な疾患に対して、その特徴を明らかにするために行っております。まだ新しい概念の疾患であり、不明な点も多く、その診断が難しく、発見があまりされていません。そのため、香川県内の各主要施設にて、本疾患と診断・治療を受けた方を対象に、過去に受けた内視鏡検査、病理診断、カルテ等の所見・データを使用させていただきます。

以下の内容を確認してください。
○この調査研究は坂出市立病院における倫理委員会で審査され、承認を受けて行われます。

研究期間 2017 年 12 月 01 日 ~ 2018 年 03 月 31 日まで
対象調査期間 2007 年 01 月 01 日 ~ 2018 年 03 月 31 日まで
  • 今回の調査研究の対象はこれまでに胃底腺型胃癌と診断され、内視鏡検査(上部消化管内視鏡検査)を受けた患者さんの所見用紙、カルテです。
  • 過去のデータを使用する研究であり、新たな検査や費用が生じることはなく、また、データを使用させていただいた患者さんへの謝礼等もありません。
  • 使用するデータは、個人が特定されないよう匿名化を行い、個人情報に関しては厳重に管理します。
  • 調査研究の成果は、学会や科学専門誌などの発表に使用される場合がありますが、名前など個人を特定するような情報が公表されることはなく、個人情報は守られます。
  • 調査研究の結果、特許などの知的財産が生じる可能性もございますが、その権利は高崎総合医療センターに帰属し、あなたには帰属しません。
  • この調査研究は、特定の企業・団体等からの支援を受けて行われるものではなく、利益相反状態にはありません。

もし、今回のデータ使用について同意をいただけない場合には、いつでも構いませんので、お手数ですが下記の問い合わせ先まで連絡ください。また、同意の有無が今後の治療などに影響することはございません。

 

【共同研究機関】
香川大学医学部付属病院、香川井下病院、香川県済生会病院、香川県立白鳥病院、香川県立中央病院、滝宮総合病院、香川労災病院、回生病院、四国こどもとおとなの医療センター、高松市民病院、高松赤十字病院、KKR高松病院、三豊総合病院、りつりん病院、今川内科医院、坂出市民病院

【問い合わせ先】
医療法人社団 今川内科医院 今川 敦

研究代表者兼事務局
①医療法人社団 今川内科医院 今川 敦
香川県三豊市豊中町笠田竹田285-3
電話番号: 0875-62-2052、fax: 0875-62-2509
E-mail: kenkasyukei2017@gmail.com
②坂出市立病院  内科  綾木 麻紀
香川県坂出市寿町3-1-2
電話番号:0877-46-5131、fax:0877-46-2377

 

④ 日本ヘリコバクター学会主導他施設共同研究への参加のお願い 

ピロリ菌除菌症例の登録調査 ― 全国除菌レジストリー ―
【画像をクリックすると拡大します】